HOME > 院長ブログ

院長ブログ

ストレートネックからスマホ首(ネック)へ。

ストレートネックという言葉はしっかり定着しているようです。
本来、ストレートネックとは、頸椎の状態を表す言葉で、病名ではありません。
最近では整形外科で医師らストレートネックと診断されたという方が、何人か院しています。
テレビの健康番組やネットでも頻繁に取り上げているので、
さしずめ、病名に昇格といったところでしょうか?
ところが、昇格間もないその地位を早くも脅かす存在が出てきたのです。
その名は、スマホ首(ネック)です。
真打は、何ともインパクトのある名前でしょう!?
両者とも現代のライフスタイルが生んだ症状(病名)であり、その原因や症状は全く同じといえます。
スマホ首(ネック)がストレートネックに取って代わるかはわかりませんが、
市井の一治療家として動向を見守りたいと思います。 eye



ストレートネックからスマホ首(ネック)へ

首痛・腰痛・膝通等痛みに対するしんそうの効果について

しんそうの効果は、実は、すぐ発揮されています。
ご本人の自覚があろうとなかろうと・・・。

患者さんにとっては、辛い痛みをなくしたい、という目的があったとして
1回目の施術
2回目の施術・・・
痛みはまだある・・・という場合もあると思います。
長年かけてつくりあげてきた、そのひとの歪み・・・一度でなおるわけがありません。

「身体が痛みを出す」というのは身体からの悲鳴・・・歪みの最終段階なのですから
しんそうの施術を受けることによって、少しづつ身体が本来の姿・かたちへ調整されていくわけです。

1回で急に霧が晴れるように魔法が効くわけではありません。
けれど1回でも確実に施術の刺激が身体に送られます。

その効果は、身体からのメッセージでやってきます。

からだがだるい、眠くなって、施術のその日の夜は熟睡してしまった・・・などというのは
とてもよい効果です。

身体は普段からもっと休みたくても、休めないほど働かされていたからです。

このことは、身体がいかにリラックスできるか・・・
緊張している場面でも
身体の筋肉や神経はどのくらいリラックスできているかどうか・・・
このことは生活していくうえで、生きていくうえで、非常に重要なのではないかと思います。

身体はまだ痛い・・・首痛や腰痛が消えない

それはそうです。

もっともっと身体は「なんとかしてほしい」とシグナルを出しているのです。
警告しています。

しんそう施術を受けたら、ぜひ、ご自分の身体からのメッセージに耳を傾けてください。

そのひとの身体の歪み状態によりますが
さまざまなメッセージを出していて、そのひとつひとつが施術の効果です。

歪みは絡まった毛糸だと考えてください。

施術を受けることで、少しずつほぐれていくのです。
自らの力(自然治癒力)を引き出していきます。
そこまでいくと、いつのまにか、痛みがなくなっており、あれ?ずいぶん身体が軽い、快適だ、元気だ
という具合に、気づけば、以前とはずいぶん違った感覚が訪れているのです。

自分が今どういう状態にいるのか
まず、自分の身体に聴く
そして客観的に自分がどういう状態にいるのか、わからないことは遠慮なく尋ねて
しんそうを受け続けてください。


しんそうは風邪薬?

何年もしんそうの施術を受けている妻の立場としましては
年々変化を感じるのは、つい先日も夫に言われたことでしたが
風邪をひく回数が減ったのと
その回復力が高くなったことです。

何年か前は、冬になると、しょっちゅう風邪をひいて
寝込むことも多く、主婦としては家族に迷惑を掛けてしまい大変です。

それが、ここのところ気づくと、あれ?今年の冬はほとんど風邪に悩まされなくなった・・・という感じです。
先日も微熱が出て、頭痛と吐き気がして、早い目に寝て養生し、
予定していた人と会う約束もキャンセルしました。
人と会うことも、あまり無理をしない、という風に心がけました。
とにかく、早めの養生。夫が協力してくれて、早い段階で家事等休むことが出来ました。
夫にとっても、それが長引かないコツとこれまでの経験上(笑)思ったようです。
自分が家事を大量に長期間こなさなければならなくなりますからね。

案の定、復活が思ったより早く、キャンセルした約束もその週のうちに果たすことが出来て
友人にも「復活早いね!若い!」と言われましたが
私の心のうちでは「これも、しんそうのおかげ」と感謝していました。

「ちょっと、体調がおかしい」という時点で、すぐ夫にしんそうを一技、二技、施してもらうので安心です。
風邪がひどくなる前の予防薬です。

そのときに夫に「ああ、でも、歪みはあまりひどくないよ。大丈夫だ。」と言われると
とても安心して、そんなに大したことないんだな・・・と健康バロメータの目安になります。

普段の生活の中で、疲れがたまってしまってるとき
「ああ~・・・かなり歪んでるね」と言われると、あ~やっぱり・・・と忙しくなりすぎないように気をつけるようにします。

夫の話を聞いていると
「風邪をひいて、今日キャンセルします」という患者さんもいらっしゃるようで、残念に思います。
そういうときこそ、しんそうを、と思いますが、私のような特典を受けるわけにいきませんものね。
ご近所ならともかく、それでも、外出するまでに風邪には厳しい状況が待っています。

けれど、歪みがひどくなると、体調を崩しやすくなったり
風邪のウイルスにたちまち狙われたりするのも事実です。

自然治癒力の促し、元気で過ごすためにも、しんそうを普段からの施術として、ご愛用ください。^^
健康チェックの目安にどうぞ。

また、風邪をまったくひかないとよいか、とそういうわけでもなく
ときどき熱が出て、身体を休め、身体の内部でなんだか消毒?作用が起きてる気がしてなりません。^^
先日も友人が高熱が何年ぶりかに出て、そのあとが快調で仕方ない!なんてひとがいましたけど
薬等を普段あまり服用せず、自然の流れに従って生きている方は
そういうことが、ままあるようで、私も、それを体験します。

そういう意味でも、薬の服用のない、しんそう施術は優れているな~と思えてなりません。

 


首痛

院長、妻です。
青梅分院という名称でHPに載せさせていただいておりますが
つまり水曜・日曜・土曜夕方などの日程に
三鷹市までは遠いけれど青梅市なら近いという方に来ていただいています。

青梅市は院長自宅なので
自宅の普段の部屋にて施術させていただいております。

するともれなく妻も同席してたりして
運がよければお茶もお出ししています。^^

ぜひ、青梅市近辺にお知り合いの方がいらっしゃいましたら
お気軽にご紹介ください。

「先生、お休みなんじゃないの?」と気を遣われる方もいらっしゃいますが
せっかくの「しんそう療方」という貴重な施術
まだ東京の地域、とくに多摩方面の方にはなじみがないと思いますので
なかなか受けたくても受けられない方もいらっしゃいますし
多くの方に体験していただきたいと思い、少しでも施術できる場所を提供したいと思っています。

妻として、おしゃべり相手にしかなれないですし
リビングの一角ですし
夫は、普段着のまま施術しておりますが
広くて田舎で気持ちのよい場所ですので
ぜひお越しください。

先日、首痛・腰痛の方がいらしてくださいました。

3回の施術でだいぶ調子がよくなられたようです。

「しんそう」はよくなると、もう、来なくなる方もいらっしゃるし
のどもと過ぎると、もう安心される方もいらっしゃいます。

でも、本当は、もっともっとよくなる、身体がどんどん変化していく、あれ?気づくと調子がだいぶ違う
何年か前より、物事が楽になった・・・などなど「しんそう療方」で受ける恩恵は計り知れないものがあるのです。

私はもしかしたら、妻として、生活の中で、しょっちゅう夫に施術してもらっているので
いちばんの体験者かもしれない、と自負しています。
「しんそう療方」に感謝しています。

これからはブログにもそんな体験談も載せていきたいと思います。





脚は決して組まない

長年、夫のしんそう施術を受けてきて
知らぬ間に、体のことで、多くのことが変化しています。

ふと振り返ると、以前と比べて、あ~、こんなことがずいぶん変わったな~
と急に気づかされることがあります。

若い10代から20歳代の頃・・・私は脚が細くて^^長くて^^柔らかかったので^^
電車でも喫茶店でも、イスに座ると、必ず脚を組んでました。
2重でも3重でも!?・・・ぐるぐるまきにしておくと、収まりが良かったからです。^^

夫と結婚して、しんそう施術を受けるようになって
生活の中での習慣として、脚を組むととても怒られました。
それはそれは、嫌なことでした。(>_<)
脚を組む方が楽で気持ちが良くて疲れなかったからです。
脚を組まないことの居心地悪さ、身体がなんとなく収まらない感覚、違和感・・・が当時あったのです。

でも、夫曰く、「脚を組むと、身体がゆがむから!」つまりそうやって楽な方に楽な方に、からだのバランスのゆがむままに強調していると、ゆがみはどんどん助長される、と。

床や畳での、ヨコ座り(女性がよくやる座り方、正座をくずしたかたち)も同じことです。
おんなのこ座り(正座でなくおしりをぺたんと脚の間に入れて座る)も同じです。
股関節や膝関節の本来の可動域から捻じ曲げてアンバランスな負担を助長していきます。

現在は・・・驚くほど、脚を組みません。

脚を組まないことが、あんなに嫌だったのに。(*_*)

違和感があったのに!

今は、ありがたいことに、脚を組むことの方に、違和感があります。
身体をゆがませる動作に敏感になっているのです。
正しい姿勢をとることの方が、身体が楽なのです。
それほど、根本のゆがみから解放されている状態なのだということです。
敏感になるのは大切なことです。

脚を組んでいる人を見ると、つい、言ってあげたくなっちゃいます。(^_^;)

でも、その人の身体のゆがみからきているから、昔の私と同じように、脚を組まないとからだの気分が悪いと思いますからしつこくは言えませんし、あーあ・・・と見過ごすことも多いです。
身体に対して、鈍感な状態なのです。

からだのゆがみと生活習慣(生活動作?)の関係は深いな~と体感します。

脚は組まないことです。

もし脚を組むのが自分で気づかずに癖になっている方は
ぜひ「しんそう」で根本改善することをオススメします。
そのことでその後の恩恵を預かることは必至です。



おれはかまきり!

003.JPG 玄関出たら!木の上からいきなり強い眼光感じる!

かまきりがぐっと睨みつけてた!
小枝に脚をふんばらせ、いつでもかまをふりあげる体制十分!
ちいさなおしりはぴっと!ふりあげて・・・

いいな~~~shineまだ3~4cm程でちっちゃいのに、
だからこそその勇姿にホレボレします。

くどうなおことのはらみんなの「のはらうた」からの詩を思い出しました。


「おれはかまきり」    かまきりりゅうじ

おう なつだぜ
おれは げんきだぜ
あまり ちかよるな
おれの こころも かまも
どきどきするほど
ひかってるぜ




残暑厳しき折ですが・・・
生きるエネルギーに満ち満ちた、かまきりのこどもを見習って、今日も元気に過ごしましょう。




娘のオートバイ

現在大学1年生の娘は、大学生になる前の春休み、車の免許と自動二輪の免許を取りました。
オートバイは400ccまで乗れるそうです。coldsweats02これは女の子ではなかなかすごいことらしいです。

けれど夫が現在乗ってるハーレーに乗れないので
夫が娘用のオートバイを探してきました。
それが・・・なんと・・・放置されてたオートバイらしく持ち主に交渉して譲っていただいたようです。
ちなみに、カワサキメグロ250SGという、結構希少価値のあるバイクらしいのですが・・・。

ところが・・・そのバイク・・・動くような動かないような・・・sweat01
なんだかすごいことになっております。
037.JPG


私は走り出したこのバイクの姿を見て、大笑いでした。
バッテリーを荷台に積み、エンジンの上にあるはずの、燃料タンクはずされ、
ライトもなく、燃料はペットボトルを逆さにチューブみたいにつなぎ・・・点滴か!!!


038.JPG

これで近所を試しに2周位するのですが・・・

ブルボロブルボロブルボロブルボロブルルルルルル・・・・・と音を立てて走り出します。

夫曰く・・・「いちおう・・・うごく」と。

娘が道路をこれで走るのは、まだまだ先か、はたまた走らないか・・・(保険も高いからsweat01

ただ、ひたすら、夫が、楽しんでるだけのように見えるのは、私だけ?dash

いや・・・ぜったい、そうに違いない・・・。


041.JPG


夫はしんそうで、にんげんのからだのゆがみを治すのを得意としてますが

オートバイや自転車をなおすのも・・・相当得意としているようです。

私が何十年も使い古して、もう捨てようとしていた自転車も
娘の使えなくなった自転車から部品を取り外して、合体させて蘇らせたくらいです。eye
私の自転車は捨てる必要がなくなり、以前よりずっと快適に乗っています。

ものづくり・・・?なおすことや組み立てること・・・相当好きみたいです。




くわず女房

季節は少し過ぎてしまったのですが
5月5日端午の節句にまつわる昔話があります。
「くわず女房」です。

子供のころ絵本で見たこともあったかと思うのですが
大人になってこのおはなしを耳で聴くと想像力がすごく膨らみます。

私は図書館のボランティア等で昔話に触れる機会が多く勉強会で
これを聴いたとき、迫力満点の映像が浮かぶようでした。

おちょぼぐちの女が「私は何も食べないから嫁にしてくれ」と男のところにいき
男が留守の間、髪の毛を広げると頭のてっぺんに大きな口が開いて飯をがっぽがっぽ食べるという・・・
実はやまんば。
男にはついにばれて男は逃げ出すのだが
最後はやまんばの苦手なしょうぶとよもぎにやられて死ぬという・・・
しょうぶは刀のように刺さる
よもぎは毒が回る

いのちからがら逃げてきた男。
それからは端午の節句には玄関に皆がしょうぶとよもぎを飾るようになったという。

怖いけれど、実に面白い話。
語り手から聴くと、こんなにもイマジネーションとは広がってゆくのか・・・と思いました。
しょうぶの葉が、想像の中では、シャキーンと音を立てて、刀としてびかりと光り何本も突き立って
やまんばを恐れさせます。

よもぎはなにかと薬になるし
煎じると腹痛下痢や貧血冷え性等にもよいようです。

夫は鍼灸師でもあるので
たまにお灸を自分でしていることがありますが
あの「もぐさ」は、このよもぎからできてると夫から聞き驚きでした。
夫は切り傷などすると、その傷に直接お灸をしますcoldsweats02
止血効果がよもぎにはあるということです。すご~いですよね。

昔話にはいろいろな生活の知恵も知らない形で伝えられているのでしょう。
端午の節句をネットで検索すると実にさまざまな興味深い由来等を知ることができます。

今月は玄関に祖母の別の作品を飾りました。
日本人は四季折々なにかと楽しめて素晴らしいですね。 044.JPG 


GW 特別営業のお知らせ。

今年も若葉に季節と黄金週間がやってきましたね。

毎年お尋ねいただくのですが、GW中に特別営業日を設けましたので、ご確認ください。

今年のGWは世間一般的には、あまりつながりがよろしくないようで、

来院時にプチ不満を口にされる方もいるようです。

5月日(土)憲法記念日を通常の土曜日と同じ時間で営業する事になりました。

午前10時 ~ 午後3時までの営業となりますので、よろしくお願いします。

尚、我が家では、毎年GWには特に出掛ける事も無く、大掃除の真似事をするのが恒例となっております。

と言う事で、特に外せない用事はございませんので、その他の日でも遠慮なく施術を承っております。

お気軽にご相談、お問い合わせください。


12345678910

アーカイブ

このページのトップへ